本校インターアクト部は、戸畑ロータリークラブの提唱を受け1965年2月13日に発足した、国際ロータリー第2700地区でも2番目に古い歴史のあるクラブ活動です。現在43名で活動しています。そもそもインターアクト部とは、「奉仕と国際理解に貢献する世界的友好精神の中で、相共に活動する機会を青年男女に提供すること」を目的とする12歳から18歳までの青少年または高校生のための社会奉仕クラブです。
このことを受け、私たちは赤い羽根共同募金やKBCラジオチャリティーミュージックソンなどの募金活動や北九州マラソン運営補助スタッフ、北九州ボランティアステーションが応募する種々のボランティア、近隣の高齢者施設での夏祭りの運営補助・その入居高齢者への年賀状書きなどさまざまな活動を行っています。
また、前回はJR戸畑駅長による卓話や西日本工業大学の出前授業を受けたり、JICA九州に足を運んで国際協力について学んだりもしています。
春休みには各学校代表者1名が台湾研修に参加し、今年は2月にあった台湾南部地震に対して校内で集めた義援金と国際ロータリー第2700地区31校のみんなで作成した千羽鶴を持って行き、お互いの固い絆を再認識しました。

主な活動

例会(ボランティア活動に対する勉強等)、清掃活動、募金活動、老人ホームへの訪問や地域の市民センターでの交流活動等の他、東日本大震災復興支援の取り組みにも積極的に参加しています。